Monday, February 15, 2010

Norway fury edge hardcore scene


Norwayのfury edge / edge metal sceneを掘り下げると、2003年に結成されたPURIFIED IN BLOODが重要バンドとして挙げられる。

比較的シーンとして浅く、規模もそこまで大きいものとは言えないが、New Eden Recordsからのデビュー作はあまりにも衝撃的でなにかを予感させるには十分過ぎる内容。そのバンド名もPURIFICATIONの曲から取ったというから厳格極まりない。(デモにカバー収録)

 しかも、当時この手でまだ認知されていないツインボーカル編成を取り入れたのも彼ら。
like CHILDREN OF GAIA、xDESTROY BABYLONxといった感じ。


PURIFIED IN BLOOD - "last leaves of a poisoned tree"



そして、後にGERILJAを結成するRoger、Fredrik含むメンバーが2004年の暮れにスタートさせたxAD ARMAx。vegan political straight edgeを掲げるpure fury edge soundは、PURIFICATIONからの影響大。


xAD ARMAx -"deathrow/the family"



その翌年には、xAD ARMAx、PURIFIED IN BLOODの弟らで結成されたxARISE OF JUDGEMENTxが始動する。
間もなくデモCDRでゲスト参加していたIda嬢が正式加入し、6人編成へ。

さらにxSTORMTROOPERxと改名し、X Rebellious RecordsからMCD"the end of apathy"のリリースが待たれていたが、2009年に解散。


xARISE OF JUDGEMENTx



かつてParadise Regained zine Vol.1で彼らのインタビューを掲載したことがあるが、その中で「Lars(ex PURIFIED IN BLOOD)とxAD ARMAxのメンバーが新しくバンドを始めたよ」と言っていたバンドがGERILJAということになる。

現在は、PURIFIED IN BLOODがリユニオン、GERILJAも活動しているようだけど、Fury Edge / Edge Metal Sceneとしては 壊滅的に近いか...。
 
 
GERILJA - "relentless"
 
 
 
                                                                                          : my collection : 
                                                    
 
・xARISE OF JUDGEMENTx Demo (self)
・PURIFIED IN BLOOD Demo (limited 100)、Last Leaves Of A Poisoned Tree (New Eden Records) ・xAD ARMAx One Final War (Dead Vibrations Industry)
・GERILJA Spark The Revolution (Breathing Hope Records)
 
 
当時、xAOJxのOleから送ってもらったフォト。若すぎる...。

 
 
 

No comments:

Post a Comment