Wednesday, January 2, 2013

90's Massachusetts hardcore scene - 3

 
Kirk KolaitisがDIECAST以前に在籍したPUNCH THE KNOWNは、GRUDGEHOLDERBENEATH THE REMAINSとの各スプリットを出していた経歴がある。
ONE LAST SINやEARTHMOVERにも匹敵する重厚サウンドにツインVoを駆使、単独作がないのが残念すぎる...。


GRUDGEHOLDER



一見、MAのレーベルと勘違いしまうベルギーのRPP。
もともとRPPの音源をUSで流通させていた、back ta basicsがパイプ役になっていたのだろうが、East Coast HCバンドが多く属していた。
ここから"leaving it all behind"を出した1996年結成のWITH ONE INTENTは、BLOOD FOR BLOOD(POLYGLOTのIanがいる)とのスプリットの話しもあったSouth Shore Boston HCバンド。
lost disciple recordsからのコンピは出たかわからないが、AT ANY COSTも所属したようにその辺の音に近い。



 

1996年頃から活動していたPOINT-04は、ボーカル以外のちのUNEARTHという前身にあたるバンド。唯一の正規音源"mercury of reason"には、デモの6曲を収録されているが、すでに若干のメンバーチェンジがあったようだ。

特に97年頃はシーンとして活発で、POINT-04と共にMARKDOWNAGAINST ALLLUNACYといったバンドが活動している。
自主で"zero-moment point"をリリースしていたLUNACYは、ライクDISEMBODIED、COALESCEのbrutal/chaotic hardcoreを確立。しかも、当時まだ17、18歳でこのまま活動していたら...と考えると恐ろしい。

このMAという土地柄、異色を放っていたSxEバンドAGAINST ALLは、DAYS GONEとも交流があってWARCRYにも通じるearly new schoolスタイル。

そして、最もNYHCからの影響が色濃かったMARKDOWNは、Evanテイストのボーカルが特徴的なrap-metal core。この地だとXXLが筆頭になるのだろうが、INCISIONというバンドも興味深い。
なにしろ、DEATH BEFORE DISHONORのオリジナルメンバーであるDan LoftusがDB4D以前に在籍していたらしい。おそらく音源はデモしかない、かなりアングラな次元。



: my collection :

 

No comments:

Post a Comment