Saturday, March 22, 2014

Seattle hardcore scene - Ⅰ


 


明らかに近年の90's classic new schoolリバイバルの根底にいるUNDERTOWは、1990年に結成されたSeattle SxEバンド。
彼らのファーストリリース、Overkill Recordsからのデモは、John Pettibone(後のHIMSA)が加入する前で、REFUSEのJoel DeGraffがボーカルを務めていた。

とはいってもこのREFUSE、前身にあたるバンドで、UNDERTOW結成当初はRESOLUTION、BROTHERHOODにも似たファストなスタイルがまだまだ色濃く残っていた時期でもある。

リリース音源は、STRUGGLEとのスプリットや7epが数枚、フルレングス"at both ends"をExcursion Recordsから、ディスコグラフィがIndecision Recordsから出ている。
ライクRESSURECTION、UNBROKENのNew Age Records系好きには必須、なんていうまでもないか。

また、Demian Johnstonは、RORSCHACHのAndrew Gormley、DEADGUYのKeith Huckins、Tim Singer(ex NO ESCAPEでもある)らとKISS IT GOODBYEでも活動していた。


UNDERTOW - "last show in Seattle,WA"
 
 
  
 

UNDERTOWから派生したバンドの一つ、ex REFUSEのメンバーでもあったMark Holcombが新たに始動させたNINEIRONSPITFIRE
これがあまりにも豹変した、discordant coreな楽曲に当時戸惑いはあったが、結果論mathcoreのハシりとなっていたのだといえる。

UNDERTOW から継承したmiddle 90’s Soundにchaoticへと展開するlike NO ESCAPE、COALESCEやDEADGUYで、John Pettiboneも在籍していたみたいだけど、時期的なことまでは分からない。


NINEIRONSPITFIRE - "read between the lines"



: my collection :

No comments:

Post a Comment