Wednesday, August 17, 2011

Polish hardcore scene - ⅰ


 
 


Lifedefense Communications

LOYAL、CONTEMPT、STATEMENT、TENFOLDらが参加予定だったというコンピ、"in defense of all life"は世に出ることはなかったが、Polish HCの隆盛期に重要な位置づけとされるLifedefense Communications。'94年、Adam Malikによって創設。


・LD01 HEALING "unwelcome consequence"




pro-life/vegan lifestyleバンド、HEALINGの'95作。これが厳格なlike RAID、 SOULSTICEで、Polish HCを掘り下げれば必ずぶち当たるレジェンド。後のVEGAN DELEGATION(PAIN RUNS DEEP)やLOYALのメンバーと結成したATTENTION TO DISEASEへと活動を進めることになる。

もともとLifedefense からVEGAN DELEGATION としてのリリース予定だった7epが、PRDとして結局UKのScreams of Salvationと契約。

カセット盤がShing/ Lifedefense、MCDがSOS/ Lifedefenseからそれぞれリリースとなっている。


・LD02 UNSILENT "risen out of bowels"
NOWA DROGAのメンバーが始めたというUNSILENT。HEALING、LOYALと仲が良かったSxE/ pro-lifestyleで、late ABNEGATION~LIFERライク。NOWA DROGA自体はUNIFORM CHOICEに影響受けた感じだったようだが。
 

・LD03 SALVATION "before the funeral"
early SUNRISE、ARKANGELに代表される単音弾き主体のvegan/militant style。かなりメンバーは若かったようで、当時この音に受けた衝撃は忘れることがないほど。

カセット盤も存在していてそっちはxWarriorxからのリリース。
 
 
SALVATION - "drug free fest 1999 "
 
 
 
xWarriorx

Straight Edge Involvementを掲げるポーランドのレーベルでDarekが設立したxWarriorx。
前述したSALVATIONの"before the funeral"が1stリリースとなる。内容は同じだが、ジャケが左右逆なのと曲順も違う。

そして2ndリリースとなったMAJTRA。hardcore youthって言葉からは想像もつかないSOWN THE SEED、DEATHMATCHにも通じるPolish new school。テープというフォーマットを取りながらも9曲収録のフルボリューム。

 

: my collection :
 

No comments:

Post a Comment