Thursday, October 13, 2011

Polish hardcore scene - ⅳ



 
当初Shing d.i.y. industry (industries表記の時期もある) として'90年に設立。
PAIN RUNS DEEP、Desperate Fight Recordsのカセット版など、コアなリリースが多いShing Recordsのバンドを幾つか。
 

melo-death色の強い土地柄には珍しいBLINDFOLD、LIAR ライクなlate 90's H8000 styleのINFLEXIBLEKNOCKDOWN と仲の良かったバンドで、後に結成するBLOOD IS THE HARVESTと共にチェックしておきたい。

CD盤の方には、"born to hate"、"until you see"、"demon"のライブ映像さらに、LIARの"battlecries"カバー(with Hans)収録。

 
BLOOD IS THE HARVEST - "unbroken"

 
KNOCKDOWN - "one unit crew"
 

 
リリース当時日本でも流通が良かったのとMORNING AGAINライクなサウンドが話題となったSOWN THE SEEDの"awating the end"。

これが唯一の音源で、ハーモニクス入れてくる辺り、SHOREBREAKにもニュアンスが近い。
ツインヴォーカルの時期もあったようだのだが、'99年から2年ぐらいしか活動していない。
 
 
SOWN THE SEED - "standing between"
 

 
: my collection :
 

No comments:

Post a Comment