Saturday, February 8, 2014

Ontario hardcore scene - 3 (Mississauga - 2)




 
Maltonにて結成されたDIRGEは、ex CREEDのメンバー等で1994年から始動していたmid 90's metallic hardcoreバンド。"hazing rituals"やGRIFTとのスプリットからもわかるように、この時代を考えるとかなりメタル指数は高め。
 
1997年いくらかのメンバーチェンジをへ、Domenic Romeo、Jason Kehoe、Fawad "Fudd" Bokhariを中心にDAY OF MOURNINGを新たに結成、Upheaval Recordsから"reborn as the enemy"をリリース。
 
このジャケはDarkiconがデザインを手掛け、ゲストヴォーカルには以前Domenicが在籍していた、power violence hardcoreバンドxCOALITION AGAINST SHANExのMessiah Mが参加と話題性も多い。
 
またRED SKYやCLENCHED FISTとのスプリットのリリース元、13th Day Recordingsは、Domenic自身が運営していたレーベルでもあった。
DISEMBODIEDやBLOODLETライクのholy terror系が好きなら抑えておきたい。
 
 
DAY OF MOURNING - "enemy of angels"
 


DIRGE〜DOMのFuddが中心となって、同じくex DOMのBilly Foss、RISE OVER RUNのJay Tomlinsonらで構成されたA TASTE FOR BLOOD
2003年に結成されたmosh coreバンドだが、活動時期は極めて短く、1年半そこそこでFuddが脱退しバンドは解散。
 
自主で出したmcd"self-titled"で、COLD AS LIFEの"little from the world"のカバーを収録している通り彼らからの影響大で、OUT TO WINやMERAUDERにも近い印象。
 
またFuddは、IN THIS DEFIANCEへ後に加入するが、London拠点なので次回に回そうと思う。

 
A TASTE FOR BLOOD - "let it die"
 
 
 
: my collection :
 

No comments:

Post a Comment