Sunday, January 26, 2014

Ontario hardcore scene - 3 (Mississauga - 1)






1993年、SUN STILL BURNSを脱退したDave Buschmeyerが、Mike CharetteとUNHEARDを結成。
しかし、翌年すぐにDaveが脱退してしまい、残等のMatt Coles、Ian Pryde、Mike Charette、Ryan HunterにJeff Almond を加え、IGNORANCE NEVER SETTLESとして新たに動きだす。
DAY OF SUFFERINGとCONTEMPTの中間とでもいうか、BIRD OF ILL OMENにも似たこの手の90's metallic hardcoreは、Upheaval Recordsの得意とする分野でもあった。

音源は、単独"cycles of consumption"のほか、前述のMARK OF THE DEVIL、AS WE SPEAKやINCISIONともスプリットを出していて、個人的には当時だいぶ聴き込んだ。







一方でDaveは同1994年、SUN STILL BURNSTim DelowskaとNEW DAY RISINGを結成している。
ここのシンガーは、ex SOLACEのChris Grayで、声がフューリーぽかったり、ウィスパーボイスだったりと多彩。IGNORANCE NEVER SETTLESの"cacophony"でもフューチャリングしていた。

さらに、バック隊のedge metalとemotional hardcoreを融合させた独特のイービル感は、DUST TO DUSTにも近い雰囲気を持っている。
Moo Cow Records、初期Eulogy Recordingsに属していただけあって、この辺のレーベルカラーを分割したイメージを持ってもらえば伝わり易いと思う。

またChrisは、GRADEのKyle Bishopと組んだTHE BLACK MARIAを経て、ZYONを2000年から始めているが、これがモロにNEW DAY RISING



NEW DAY RISING - "live 7/6/96"



もうどれだけのバンドを組んだか把握しきれないDaveは、Trevor DykstraとNEW DAY RISING解散後の1996年に始めたKARENZAというバンドがある。
これが後のSPREAD THE DISEASEで、NEW DAY RISINGのイービル感を残しつつ、そこにblack metalインフルエンスをプラス。
Undecided RecordsのDAWN OF ORIONやTribunal Records辺りの音をこの時代すでに自分らのカラーにしているのはさすが。



: my collection :

No comments:

Post a Comment