Saturday, March 28, 2015

christian hardcore bands - Ⅲ




Clevelandコンピ"dark empire strikes back"に参加していた、holy terror hardcoreバンドSIX FEET DEEP
INTEGRITYやSPLINTERに通じるpure 90's Cleveland hardcoreで、1991年と意外と古くから活動していた彼らだが、Myk PorterとMatt TraxlerがBRANDTSONへ活動の場を移した、翌1997年にSFDは解散してしまう。
"the road less traveled"が再発されるなど、コアなリスナーも根強く、holy terror hardcore好きは通る存在だと思う。

ちなみにBRANDTSONは、indie/emo rock化していてTWOTHIRTYEIGHTライク


SIX FEET DEEP - "struggle"
 
 



AS I LAY DYINGのJordan Mancinoが在籍したEDGE OF MORTALITYは、1996年から2001年に掛けてCA州San Diegoを拠点としていた90's christian metalcoreバンド。
Warfare Recordsから、"downfall"と"will to consume"が収録されたpromotional tape後、フルレングスを同レーベルからリリース。
 
NO INNOCENT VICTIMやPOINT OF RECOGNITIONらと活動していて、AILD有りきで再認識されたのは否めないが、Sobermind RecordsからLIARとのスプリットも予定されていた。



 
 
FL州Ocalaで1998年に結成されたSEVENTH STARは、一聴クリスチャンのイメージとは似つかないサウンドだが、土地柄この手の音も得意とするのは承知だろう。
ライフスタイル然り、ErieのSHOCKWAVEやDODGIN’ BULLETS辺りからのバックボーンを感じるbrutal mosh coreをプレイ。
所属は、NO INNOCENT VICTIMのJason Dunnによって設立されたFacedown Recordsで、"dead end"と"undisputes truth"に加え、USツアーを収めたdvdもリリースしている。


SEVENTH STAR - "everyday"
 
 
 
 

Life Sentence Recordsから"the triumph"をリリースしていたxDEATHSTARxが、CA州のRedlandsで2002年に結成される。4mc編成の"the triumph"は、Facedown Recordsからリイシューもされた名盤。
純粋なmosh coreというよりは、SUFFOCATE FASTERなんかの1981 Recordsのバンドに近い音を出していて、death core寄りって言った方がいいのかもしれない。
2006年にはTommy Green、Eric GregsonらでSLEEPING GIANTを始めていて、比重がこっちに傾き、2009年にxDEATHSTARxは終止符を打つ。
 
またメンバーは、現在DARASUUMでも活動しているようだ。
 
 
xDEATHSTARx - "we are the threat"
 
 
SLEEPING GIANT - "eyes wide open"
 




2002年、PA州Erieにて結成されたWAR OF AGESは、もともとPOINT ZEROという名で活動していたchristian metalcoreバンド。
2005年にLeroyの兄弟Alexがドラムで加入し、すでにベテランの域に達している彼らだが、ついにCaboose Recordingsの招集で来日、その後は中国を回る予定になっている。

デビューアルバム"self titled"を、Facedown Records傘下のStrike First Recordsからリリース、これは後にリレコーディングされ、"fire from the tomb"として再発される。
一貫したDave Quiggleのアートワークも厳格で、AS I LAY DYINGやAUGUST BURNS REDらを追随するサウンドともいえるか。

また、弟分的なHOPE FOR THE DYINGからJack Danielsが2013年にギターで加入していて、さらなる飛躍を期待されるところ。


WAR OF AGES - "collapse"
 

 
: my collection :
 

No comments:

Post a Comment