2017年5月21日日曜日

Dutch hardcore scene - Ⅴ




2001年から2007年まで活動していたINSTILは、本国オランダより周辺各国からいち早く評価を受けた逆輸入バンドといえる。往年はAS WE FIGHTやHEAVEN SHALL BURNの正統なEuro metalcoreだが、Beniihana Records在籍時の"questioning like only consciousness can question"は印象がちょっと違う。
結成間もないこの作品はDESTINY、SELF CONQUESTライクなemotional new schoolの要素が強く感じられた。

アリゾナのKYDS VS COLUMBUSとのスプリットを挟み、Garden Of Exile Recordsへ移籍、"fire reflects in ashes"と"stalking death"をリリースしている。THE HAUNTED、AT THE GATESやHATEBREEDといった大御所とのライブもこなし解散が惜しまれたが、このDNAはLIES!へと引き継がれていく。

またRené SmitとJoop Suelmannは、"fire reflects in ashes"を出した頃にTHE ARCHITECTなるサイドプロジェクトを始めているが、大成しなかったのか動向が不鮮明。


INSTIL - "time love and memories"





2010年、ex INSTILのボーカルRené SmitとギターのSander Oldersmaは新たにLIES!を結成する。インドネシアのDiorama Recordsから3way(w/ HANDS UPON SALVATION、DECONSECRATE)をリリースしたのも記憶に新しい。

2013年の"nineties"には、"demo 2011"の3曲もそのまま収録され、To The Lion RecordsからLP盤として出している。
音はというと、MERAUDERやALL OUT WARに代表される16分の刻みが特徴的で、現行だとSWORN ENEMY、LIFELESSらの部類に分けられる。

ちなみにTHE FIFTH ALLIANCEもDiorama Recordsに所属するバンドで、Grains Of Sand Recordsリリースの"death poems"をカセット盤で出している。この作品にはその他複数のレーベルが絡んでいて、注視すべきdoom/sludge hardcoreバンドなのだろう。


LIES! - "written in blood"
 





ex INSTIL、LIES!のギターSander Oldersmaはボーカルとして、NOT IN THIS LIFETIMEを2015年から始動させている。他のメンバーに同じくex LIES!のJeroen HabetsとMarcel Siegersも在籍する後身バンドとはいえ、melodic old school/emotional hardcoreには肩透かしを食らう。

そのEMPATHYやBROKEN CIRCLEに通じるスタイルは、熟練がゆえ成せる術というか計算された曲展開とメロディーセンスが印象に残る。

すでに"demo 2015"とフルレングス"vultures"をBound By Modern Age Recordsからリリースしていて、"vultures"のCD盤はUKのMark My Words Recordsからの配給となっている。ちなみにBBMAのカセット盤はlimited 50。この生産ラインは今では盤石な関係といえるか。

NITLが所属しているように、MMWはSTOLEAWAYやRADIANCE等、この手を得意とするところでもある。


NOT IN THIS LIFETIME - "cursed back into the grave"



: my collection :
 

0 件のコメント:

コメントを投稿