Saturday, June 30, 2012

Torino hardcore bands


フランスに近接したイタリア北西部に位置するTorino(英語圏だとTurinになる)。
Roma straight edge legionの規模とは程遠く、シーンと呼べるものも無かったと思うが、有名な2バンドについて書いてみる。


 
 

まず、RIGHT IN SIGHTがTorino近郊のIvreaで1993年に誕生する。ON FALL、TO DIE FORも在籍したVacation House Recordsに所属し、STRONGARMやSTRIFEにも通じるサウンド。

STRAINやBATTERYなんかのイタリアツアーもサポートした実力者で、その影響力はローマへも及んでいたと想像がつく。
リユニオン後の"bloodstained hands"は、Massachusettsハードコアの影響を感じなくもないが、Laidoの歌いまわしは相変わらずで新リスナーも取り込む内容。


RIGHT IN SIGHT - "Right In Sight - bloodstained hands"







元々予定していたPURIFICATIONが来日できなくなり、急遽xDESTROY BABYLONxとしてBloodaxe Festival 2006に出演したABSENCEは、1994年にTorinoにて結成されたvegan straight edgeバンド。

Outlet Recordsからのデモ"the epilog of our pain"が、あまりにもearly EARTH CRISIS過ぎたtribal militant hardcoreで、個人的には彼らのベストリリース。
このOutlet Recordsは、彼らの7ep"from the bloodshed"はもちろん、ONE FINE DAYやREPRISAL(w/ GREED)の7epを出していたCycle Recordsの前身にあたるレーベルで、ONE FINE DAYのStefano BossoとLuca Fontanetoが運営していた。

UKツアーを経て、1998年にScreams Of Salvation Recordsから1st"shall the sentence be death"がリリースされる。その後StefanoがONE FINE DAYに専念するため脱退、後任ベーシストにLuca Palaが加入した。

1999年、Catalyst Recordsから"I'll cast the first stone"がリリースされるが、メロディーの導入やアルペジオ、女性コーラスといい、若干の違和感がないわけではないが、相変わらずのFabioはABSENCE以外なにものでもない。
またFabioは、アパレルブランドE-Blood Clothingを設立、各国に渡るバンドがサポートする規模を誇っている。

既述のようにABSENCEは、xDESTROY BABYLONxへと改名し再始動するわけだが、すでにオリジナルメンバーはボーカルのFabio RaffaeliとドラムのGabriele Brugiatiのみになっている。
唯一の音源"by the knife"が、ダウンロードでフリー配信のみ。これがedge metalの最高峰ともいえる内容。GREEN RAGEのカバーなど彼らのルーツも失っていない辺り一環している。

さらにベースのxLarsxは、ソロプロジェクトxTHE BATTLExも同時に進行。確かStorm Of Justiceの所在するスイスに住んでたはずなので、今回これ以上の記載はやめておく。


xDESTROY BABYLONx



: my collection :
 

No comments:

Post a Comment