Friday, August 22, 2014

H8000 hardcore scene - Ⅴ


 


H8000エリアのOostduinkerkeは、俗に言うODK、古くはVITALITYやODK CREWが拠点としていた地域。今回は、この周辺バンドをまとめてみる。


まずVITALITYは、Sobermind Recordsから"bloodline"を出していたedge metalバンドで初期LIARやSEKTORに近い。

C級メタルを連想させるジャケといい、当時を知る人にはツボだったと思う。

しかし一転、2nd"crucial wires"はOvercome Recordsへ移籍してリリースされたが、やはりFrench hardcoreに流れた感はある。

して、VITALITYは解散(改名?)し、事実上後身にあたるFORCED HATEとして活動を続けている。コンピ"dawn of the dead"に参加していたが、この音源以外活動経歴がよくわからない。そんな活発的に動いてなかった感はあるが。

また、ギターのAlien KingがFORCED HATEと並行して在籍していたRISE AND FALLは、Deathwishに所属、THE DEALの元メンバーであるBjorn DosscheとVincent Macsもいるバンドとして知られている。
こっちはCONVERGEプラスholy terror soundで、どちらかといえばUS受けすると思う。


VITALITY - "bloodline"


RISE AND FALL - "hidden hands"
 
 
 

 
VITALITYのBobとMarc、CONGRESSのIljaが始めたプロジェクトバンドODK CREW

"old school vs new school"というタイトルの7epがあったけど、まさに中間的サウンドで、RISE ABOVEをメタリック化させたとでもいうか、JUDGEやONE LIFE CREWからの影響が大きいか。

Sobermind RecordsとUxJxのFrostbite Recordsの共同リリースされた7ep(bite02)は、limited 50のレア音源となっていて入手は極めて困難。
いずれにせよ"H8000 hardcore volume one"をはじめ、コンピ以外単独は希少価値が高いが、全盛期を支えたバンドのひとつに数えられる。


ODK CREW - "old school vs new school"


 
: my collection :
 

No comments:

Post a Comment