Wednesday, October 22, 2014

memories of the tour - 8


10th day (Sept 5, 2014 Hamburg,Germany)

夕方までは、時間があったので再びHamburgの観光。一昨日、行けなかったSt.Michaelis Kirche(聖ミヒャエル教会)を見学。北ドイツで最も美しいバロック建築といわれる所以は、中に入るとよくわかった。最初の創設は、17世紀だから比較的新しい教会になる。

St.Michaelis Kirche



その後は、アルスター湖を眺めながらランチ。




そして、"Swing On Sight Fest Hamburg"を見に、Hamburgから電車で3駅のHolstenstraβeへ移動。
SOSF 59のベストを着たクルーがいたので、会場のBar227までナビしてもらう。



ハコは、大体キャパ30~40ぐらいのバー。日本のスタジオライブの機材よりもショボいセットだったけど、どのバンドも音が悪いとか全然感じさせないのはさすが。
チケットをxVICIOUSxのメンバーに取り置きしてもらったはず...だった。当のメンバーもまだ来てないし、受付でよく理解できなかったので当券を8€で購入した。

世界各地に拡がるSOSF(swing on sight family)だけに、全体の把握は難しいけど、その中でもかなり熱いのがHamburgではないかなと思う。

Bar227



トップはBUST!。ググっても情報が出てこないから、結成から間もないのだろう。スタイル的には、AREA EFFECTやIN THE CLEARのUK寄りのold schoolを原型とし、そこにbeatdownパートを加えたSOSFらしいサウンドだった。RACE RIOT 59にも近いかも。
7曲入りのデモテープを買った。



BUST! - "schwarz/weiss"


 
Bastardized Recordsから7epが出ているGRIM VISIONは、随所にdeath metalの要素をチラつかせつつ、飽くまでも時代に乗っからない方向性を示唆していた。これがわずか結成後1年という新しいバンドだから驚き。
とは言ってもギターのClausは、GENTLEMEN'S SPORTSのシンガーでもあり、他のメンバーも経歴を持っているみたい。
 
 

GRIM VISION - "with those who favor fire"



サウンドチェックでFOR MY ENEMYだとすぐにわかった。
BUN DEM OUT、REDUCTIONやCOPYKILLにタメ張れるedge metal/beatdownは、この手の最高峰。地元Hamburgならではのローカル感がまた良かった。


 
FOR MY ENEMY - "six years passed"



次はGENTLEMEN'S SPORTS。
FOR MY ENEMYのArneと、前述したGRIM VISIONのClausが掛持ちしているdual vocals beatdownで、COLD REIGN、GUERRILLA CROWZと3wayにも参加していたバンド。2009年に結成、7epは出ているようだけど、そろそろフルレングスで聴いてみたい。



GENTLEMEN'S SPORTS - "the JZE"



最後はH8000からxVICIOUSx。翌日仕事だから21時ぐらいに演るって話しだったけど、結局トリを務めた。そのためか、ギターは1本。覆面をした危険な印象を持っていたけど、なかなかのナイスガイだった。ロングスリーブを購入。



xVICIOUSx - "return to strength festival vol.IV"



11th day (Sept 6, 2014)

最終日、帰国。朝Hamburgを出て40分ぐらいで空港着予定。
...が、なんかのトラブルで折り返し運転。途中バスを乗り継ぎ、なんとか空港にたどり着けた。帰りもオランダを経由して無事帰国。




No comments:

Post a Comment